iPhoneにある写真を印刷するなら「さくっとプリント」

iCloud写真のオフや削除でiPhoneがどうなるかやってみた

  • URLをコピーしました!

私、あいこうらのiPhoneには10万以上の写真とビデオがあります。
それができるのは「iCloud写真」のおかげ。

そんな私も、iCloudストレージに課金するのをやめたくてiCloud写真を削除しかけたことがあります。

でも、やめられませんでした。それは、なぜか?

iCloudに同期中のiCloud写真

iCloud写真をやめる方法は、iCloudストレージに写真やビデオを自動保存(同期)するのを止めるオフとiCloud写真を丸ごと消去する削除があります。

今回はiCloud写真のオフや削除でiPhoneがどうなるか実例を交えながら解説します。

もくじ

iCloud写真の「オフ」や「削除」でiPhoneに起こる3つのこと

iCloudストレージに写真やビデオを保存しない

iCloud写真機能をオフ
iCloud写真の「オフ」

iCloud写真を「オフ」または「削除」したiPhoneは写真アプリをiCloudストレージに保存(同期)しません

写真とビデオはiPhone本体ストレージにのみ保存するので見られない、再生できないといったトラブルが減ります。

iPhone本体ストレージの使用量が増える

iCloud写真をオフにして削除の実行でiPhoneストレージ空き容量不足

iCloud写真の「オフ」または「削除」を実行すると、写真とビデオすべてをiCloudストレージからiPhone本体にダウンロードします。

iCloud写真をオフにして削除の実行によるオリジナルデータのダウンロード

このため、iPhoneストレージの使用量が増えて空き容量不足に陥ることがあります

iCloud写真をオフにして削除の実行でiPhoneストレージ空き容量不足

iCloudストレージの使用量が減る

iCloud写真を「削除」するとiCloudストレージの使用量が減ります。

iCloud写真をオフにして削除の実行によりiCloudストレージの使用量削減

iCloud写真の「削除」は30日の待機期間があります。
この待機中もiCloud写真の使用量はiCloudストレージにカウントされません。

iCloud写真をオフにして削除を実行後の30日間の削除待機中

iCloud写真の「オフ」はiCloudストレージにiCloud写真が残存するので使用量は変わりません。

[PR]
iPhoneにある写真を印刷するならさくっとプリントにおまかせ🌼
最新のiOSに対応✨iCloud写真はもちろんGoogleフォトもOK👍

さくっとプリント

目的・目的にあわせてハイクオリティの写真プリント注文や便利なコンビニプリント予約を選べます😊

使いやすさをぜひ実感してください✨

iCloud写真を消去する「オフにして、iCloudから削除」でどうなる?

iCloud写真の「オフにして、iCloudから削除」の実行画面

iCloud写真をiCloudストレージから消去するには「オフにして、iCloudから削除(iOS15以前は[無効化して削除])」を実行します。

iCloud写真の[オフにして、iCloudから削除]を実行する手順と注意点
(タップして詳細を表示)

標準の設定アプリを起動し、上部にある[アカウント名] > [iCloud] > [写真] > [ストレージを管理]の順にタップします。

iPhone標準の設定アプリで上部にある[アカウント名] > [iCloud] > [写真] をタップして表示

iCloud写真がオンのiPhoneで[オフにして、iCloudから削除]をタップすると、iCloudにある写真とビデオの一括ダウンロードを促します。

iCloudに保存されている写真およびビデオの一部は、このiPhoneにダウンロードされていません。

iCloudに保存されている写真およびビデオの一部は、このiPhoneにダウンロードされていません。
これらの写真は30日後にiCloudから完全に削除されます。
写真を失わないようにするには、続行する前にiCloud写真の設定で「オリジナルをダウンロード」を選択してください。

[キャンセル]は「オフにして、iCloudから削除」を実行しません。

[このまま続ける]をタップすると、削除の警告がもう一度表示されます。

写真およびビデオは削除されます。30日以内であれば、この操作を取り消して写真およびビデオを復元することができます。

写真およびビデオは削除されます
30日以内であれば、この操作を取り消して写真およびビデオを復元することができます。

[削除]をタップするとiCloud写真は無効化されて、オリジナルデータのダウンロードがはじまります。

iCloud写真をオフにして削除でオリジナルデータをダウンロード

オリジナルデータのダウンロードが完了するまでiCloud写真は「オフ」の状態になりません。

iPhone本体ストレージの空き容量が不足すると、オリジナルデータのダウンロードは一時停止します。

iCloud写真をオフにして削除の実行でiPhoneストレージ空き容量不足

オリジナルデータのダウンロードが一時停止してもiCloud写真は30日後に削除されます。

iCloud写真が削除されると、iCloudからオリジナルデータをダウンロードできなかった写真・ビデオもiPhoneから削除されます。削除されたiCloud写真の復元はできません。

iCloud写真はすぐには削除されず30日間の待機期間があります。

削除待機中もiCloud写真は無効化されているので新たに写真やビデオをiCloudへ保存することはありません。

iCloud写真は30日後に削除されます。iCloud写真は無効になっています。あと30日以内に、必ずすべてのオリジナルの写真とビデオのコピーをこのデバイスまたは別のデバイスに保存してください。

削除待機中であれば、[iCloud写真を復元]を実行することで元の状態に戻すことができます。

iCloud写真を復元

30日間の待機期間を終えるとiCloud写真はiCloudストレージから削除されます。復元はできません。

iCloud写真の同期をやめる「オフ」でどうなる?

iCloud写真を「オフ」にしたiPhoneはiCloudにある写真とビデオを見られなくなります。

このため、iCloud写真をオンからオフへ変更するとiCloudにある写真とビデオの一括ダウンロードを促されます。

iCloud写真のオンからオフで同期をやめる警告表示
iCloud写真のダウンロードが必要な理由
(タップして詳細を表示)

iCloud写真のダウンロードを促されるのは、「iPhoneのストレージを最適化」を有効にしている場合です。

“iCloud写真”のコピーをこのiPhoneにダウンロードしますか?
空き領域を確保するために最適化された写真とビデオはこのiPhoneから削除されます。
オリジナルの完全版は、iCloud写真を使用しているデバイス上では引き続き利用できます。

iCloud写真は写真とビデオのオリジナルデータをiCloudに保管し、iPhoneはストレージの空き容量に応じて縮小版のサムネイルを表示する「iPhoneのストレージを最適化」が初期設定で有効になっています。

iCloud写真を利用中のiPhone

iCloud写真を「オフ」にすると最適化されなくなるため、オリジナルデータをiPhoneにダウンロードするか、ダウンロードせずにiPhoneから削除するかを選択します。

[iPhoneから削除]を選ぶと、iCloudから写真とビデオのオリジナルデータをダウンロードせずにiPhone本体から削除します。

空き容量が十分ではないiPhoneでiCloud写真をオフにすると写真やビデオが削除されることも

[写真とビデオをダウンロード]を選ぶと、iCloudから写真とビデオのオリジナルデータをiPhone本体にダウンロードします。

ここで選択した「iPhoneから削除」または「写真とビデオをダウンロード」が完了するまで、iCloud写真を「オフ」にできません。

「写真とビデオをダウンロード」を選んでも、ダウンロードに必要な容量がiPhoneストレージに無い場合はiCloud写真をオフにできません。

iCloud写真をオフの警告「写真とビデオをダウンロードできません」

意図せず写真とビデオを削除した場合は、iCloud写真のオフでiPhoneから消えた写真やビデオを戻す方法をお試しください。

iCloud写真をやめる前に必ずやるべき1つのこと

iCloud写真の「オフ」や「削除」を実行する前にiPhone本体ストレージの空き容量とiCloud写真の使用量を確認します。

iPhoneのストレージ容量と空き容量は標準の設定アプリで見られます。
[一般] > [情報] の順にタップし、「容量」と「使用可能」の項目を確認してください。

iPhoneストレージの空き容量を確認

iCloud写真の使用量を確認するには、標準の設定アプリを起動して上部にあるユーザ名部分をタップします。

[iCloud] > [アカウントのストレージを管理(または、ストレージを管理)] の順にタップすると、iCloudストレージを使用中のアプリと消費サイズの一覧があらわれます。

iCloudストレージにおけるiCloud写真の使用量

iCloud写真の使用量がiPhone本体のストレージ空き容量を大きく上回る状況でiCloud写真をやめるには一部の写真とビデオをiPhoneから削除することになります。

あいこうら

私がiCloud写真をやめられない最大の理由です。

不要なデータやアプリを削除するなどしてiPhone本体ストレージの空き容量を増やすか、iCloud写真の使用量を減らしましょう。

iCloud写真のオフや削除に悩んだときのFAQ

ここまで解説した内容に加え、iCloud写真の削除について私がよく相談を受けることを一問一答形式でまとめました。

iCloudから写真を削除するとどうなる?

同じiCloudアカウント(AppleID)でiCloud写真を利用中の機器からも写真が削除されます。

削除した写真は[最近削除した項目]アルバムに移動しますが、一定期間(約40日間)を過ぎると完全に削除されます。
完全に削除された写真は復元できません。

iCloud写真を削除してiPhoneに残すことはできる?

iCloud写真をオフにしたiPhoneであれば可能です。

iCloud写真をオンにしたiPhoneはiCloudと自動で同期するため、iCloud写真を削除してiPhoneに残すことはできません。

iCloud写真をオフにしてiCloudから削除するとどうなる?

iCloud写真をオフにすると、iPhoneの写真アプリ内の写真やビデオはiCloudに保存されなくなります。※共有アルバムは除く

iCloudから削除すると、30日間の待機を経てiCloud写真は完全に削除されます。
完全に削除したiCloud写真の写真とビデオは復元できません。

iCloud写真をオフにするデメリットは?

iCloudストレージにある写真やビデオのオリジナルデータをiPhone本体にダウンロードするため、iPhone本体ストレージの使用容量が増大することがあります。

また、iPhone本体ストレージの空き容量が不足すると、写真やビデオがiPhoneから消える恐れがあります。

iCloud写真を消しても容量が減らないのはなぜ?

iCloud写真の[オフにして、iCloudから削除](iOS15以前は[無効化して削除])を実行すると、iCloudストレージの使用容量は減りますがiPhone本体ストレージの使用容量は減りません。

削除を実行後は最新の数値が反映されていない可能性もあるので、iPhone本体を再起動してご確認ください。

iPhoneの写真を消したらiCloudはどうなる?

iCloud写真がオンの場合、[最近削除した項目]アルバムに移動した状態でiCloudストレージに保存(同期)します。

iCloud写真がオフの場合はiCloudに影響はありません。

シェアしてもらえると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
もくじ